コンテンツに移動

日本発の作品を世界へ! Netflix、TBSホールディングス傘下のTHE SEVENと提携し、人気実写作品の製作へ

日本発の作品を世界へ! Netflix、TBSホールディングス傘下のTHE SEVENと提携し、人気実写作品の製作へ

本日、Netflixは日本を代表するメディア企業の1つ、TBSホールディングス傘下の製作会社THE SEVENと戦略的パートナーシップを締結しました。今後5年間、業界の先端をゆくTHE SEVENが製作するオリジナル実写作品の数々を、190ヵ国に広がるNetflixメンバーに向けて独占配信する予定です。

THE SEVENで活躍する業界屈指のクリエイター達の実力は、これまでの実績からも明らかです。THE SEVENでコンテンツ開発と製作の指揮を執る森井輝とは、人気作品「今際の国のアリス」を2シーズン通して共同製作し、現在は「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜」と実写版「幽☆遊☆白書」を製作中です。また、視覚効果プロデューサーのトップを務める赤羽智史 (「映画 暗殺教室」、劇場版「コンフィデンスマンJP」シリーズ、実写版「幽☆遊☆白書」) は、物語の魅力と唯一無二の世界観を映像化するプロフェショナルです。

THE SEVENの森井輝、赤羽智史、菅井龍夫

THE SEVENとのパートナーシップは、すでにNetflixを通じて人気ドラマシリーズを配信しているTBSとの関係をさらに強化するものです。そして来年には新しく1,000平方メートル近くの広大なスタジオ群が完成予定で、THE SEVENは日本で屈指の規模と技術を誇る防音スタジオで撮影することができるようになります。これにより、Netflix作品の製作においても最高クラスの品質が期待されます。

従来の枠にとらわれず、新しいクリエイティブな発想で日本発の物語を伝えることを目指すTHE SEVEN。今回のパートナーシップで、より大きな規模と予算での製作が可能となり、創造の自由はさらに広がります。そしてTHE SEVENの画期的で誰もが驚くような作品をNetflixでの配信を通して世界中に発信することができます。

横浜市の緑山スタジオ・シティに新しく設立する広大な防音スタジオ

今後発信される映画やシリーズも、来月待望のシーズン2が配信開始となる「今際の国のアリス」に引けを取らない、大規模かつ豪華で、魅力的な視覚効果満載の作品となること間違いなしです。

質の高い日本の作品への需要は国内外で年々高まっています。THE SEVENとのパートナーシップを通じて、最高の作品、最高のストーリーをNetflixのメンバーに向けてこれからも配信していきます。

アセットのダウンロードはこちら

東 菜緒

コミュニケーションチーム

nazuma@netflix.com

Jeff McBride

コンテンツ広報マネージャー (APAC)

jmcbride@netflix.com