コンテンツに移動

アニメの可能性を押し広げる新作「YASUKE -ヤスケ-」

アニメの可能性を押し広げる新作「YASUKE -ヤスケ-」

Netflix日本アニメ部門バイスプレジデント、ジョン・ダーデリアン

東京、ロサンゼルス、そしてニューヨークと、世界トップクラスの才能がこの作品のために集結。原案・プロデューサー・監督のラション・トーマス (「キャノン・バスターズ」、多くの熱狂的ファンを持つ日本のアニメーションスタジオMAPPA (「ドロヘドロ」、「進撃の巨人 The Final Season」、「呪術廻戦」)、世界的に有名な監督・アニメーターでキャラクターデザインを務める小池健(「LUPIN the Third -峰不二子という女- 」)、受賞歴を誇る俳優のラキース・スタンフィールド、グラミー賞ノミネートのフライング・ロータスが、アフリカ人初の侍となった男の物語を新たな形でよみがえらせました。 

ラション・トーマス制作によるアニメシリーズ「Yasuke -ヤスケ-」は、全6話構成のファンタジー時代劇です。戦国時代の日本を舞台に、一度は隠居の身となったアフリカ出身の侍が、邪悪な力から不思議な少女を守るため、刀と戦 (いくさ) の生活に戻ることを余儀なくされます。情熱あふれるクリエイティブチームと同様、この物語は国境や文化、言語の壁を超越した作品であり、Netflixを通じて世界中の視聴者の方々と共有できることを、とても光栄に思っています。

いよいよ本日、「Yasuke -ヤスケ-」の場面写真を初解禁し配信開始日を発表します。ジャンルの枠を飛び越えたこの画期的な新シリーズは、2021年4月29日から全世界配信されます。ここでラションからの言葉をお伝えしましょう。

原案/プロデューサー/監督、ラション・トーマス 

この企画はセレンディピティが実を結んだものです。アフリカ系アメリカ人の私が、なぜ日本に移り住むことになったのか。そして、日本のトップレベルのアニメーターに囲まれながら、日本で武将に仕えブラック・サムライとなったアフリカ出身の男のアニメを制作することになったのか。私の心の奥底では、MAPPA、フライング・ロータス、ラキース・スタンフィールド、そして優秀な製作チームと一緒に本シリーズを制作することは、自分の運命だったとも感じています。

ヤスケは日本史に登場する魅力的な謎めいた人物で、今日まで長い間メディアの関心を引きつけてきました。日本の歴史におけるヤスケの役割について、私が初めて知ったのはおよそ10年前。来栖良夫の児童書「くろ助」に描かれた絵に、好奇心を刺激されたのがきっかけです。やがて、彼がただの架空の人物ではなく実在していたと知りました。冒険物語を描く上でまさに素晴らしい題材だったのです。

この歴史的人物を新たによみがえらせた私達の作品を、長年の弥助ファン、そして初めて興味を持つ人々にも楽しんでいただきたいと、心から願っています。 

「YASUKE -ヤスケ-」について:

メカと魔法の入り混じる群雄割拠の戦国時代。史上最強の浪人・ヤスケは、戦いに明け暮れた過去を経て、今や静かで平穏な日々を送ろうとしています。しかし地元の村が大名争いの戦場となってしまいます。邪悪な力と血に飢えた武将たちの標的となった不思議な子供を護送するため、ヤスケは再び刀を手に取ることに…。 

エピソード数: 6話

配信開始日: 2021年4月29日

他の初公開画像のダウンロードはこちら (*リンクは貼らず、画像ファイルをダウンロードしてください)

Netflixオリジナルアニメシリーズ「Yasuke -ヤスケ-」Netflixにて4月29日(木)より全世界配信

プレス担当者:

Patrick Sebastian Henkel, 広報部: オリジナルPR

phenkel@netflix.com

山口 亜美, パブリシティ(日本)

ayamaguchi@netflix.com