コンテンツに移動

Netflixでまもなく配信の新作短編ドキュメンタリー

Netflixでまもなく配信の新作短編ドキュメンタリー

カリフォルニア州ハリウッド発、- 2020年6月24日 - Netflixには、受賞歴のある素晴らしい短編ドキュメンタリーがそろっています。初めて短編ドキュメンタリーをご覧になる方も、すでによく観ている方も、誰もが楽しめるエキサイティングな作品をご用意しています。そしてこの夏、このコレクションに、勇気とインスピレーションを与えてくれる、3つの新作が加わります。 

ここでは、この夏配信予定の新作をご紹介します。  

クラウディア・キシ倶楽部 (7月10日)

多くのアジア系アメリカ人女性 (そしてすべての非白人女性) にとって、クラウディア・キシは人気メディアで活躍する初の非白人女性でした。ベストセラー小説シリーズ「ベビー・シッターズ・クラブ」の主人公の一人である彼女は、80年代から90年代のポップカルチャーに登場する、唯一のアジア系アメリカ人だったのです。クラウディアは、主人公としては珍しいアジア系アメリカ人というだけでなく、クリエイティブで人気者、そしてなんと成績が悪いという、典型的なアジア人のイメージとは真逆の人間として描かれていました。日々目にするメディアに、エキゾチックな他人や、名ばかりの相棒としてではなく、実在する一人の人間として自分たちのようなキャラクターが登場することを切望していた読者にとって、クラウディアはまさに衝撃的な存在でした。

アーティストとしての才能を開花させていくクラウディアは、成功を夢見る若きクリエイターたちにとって特別なロールモデルとなりました。そして現在、その若者たちの多くが、革新的な作品を創り出すアーティストとして活躍しています。「クラウディア・キシ倶楽部」には、ユミ・サクガワ、サラ・クーン、フィル・ユーなど、カリスマ的人気を誇るアジア系アメリカ人のアーティストや作家が登場します。懐かしい本、個人的な回想、そして手作りのストップモーションコラージュで構成された本作は、時代に合ったユニークな形でメディアにおける表現の重要性について考えます。 

写真はこちら (ダウンロードのみ。外部リンクは貼らないでください)。

スピードキューバーズ: 世界を見据えて (7月29日)

スピードキューブは、どれだけ速くルービックキューブを完成させられるかを競うスポーツで、近年世界中で社会現象となっています。オーストラリアのフェリックス・ゼムデグスは、このスピードキューブ界で約10年間、史上最高のキューバーとして王座に君臨してきました。しかし、それも過去の話。無名の挑戦者であるカリフォルニア出身のマックス・パークが、2017年の大会で優勝し、一躍国際舞台に躍り出たことで、スピードキューブ界を揺るがしたのです。以来、マックスの頂点への道のりは、スムーズで安定したものでした。ただひとつ、フェリックスという障害を除いては...。2人は抜きつ抜かれつを繰り返しながら世界記録を更新し、一進一退の攻防を続けてきました。しかし、フェリックスとマックスは、いがみ合うライバル同士になるのではなく、その競争相手としての関係を、互いに思いやりを忘れない、しかし複雑な友情へと発展させたのです。

マックスは重度の自閉症で、形成途上にあった彼の社会性と情緒的発達の一助として家族が選んだのがスピードキューブでした。まさか、マックスのスピードキューブにおける最大のライバルが、自閉症克服の最大の協力者になるとは、彼の家族も予想だにしなかったでしょう。本作では、再び世界選手権を目前にしたマックスとフェリックスが、勝利を目指しながらも、互いの成功を祈る姿が描かれます。しかし、チャンピオンになれるのはどちらか1人。果たして勝利をつかむのはどちらなのか、そして、2人の友情はこの結末を乗り越えられるのでしょうか?

写真はこちら (ダウンロードのみ。外部リンクは貼らないでください)。

エイリアンとの交信を追い求めて (8月20日) 

ジョン・シェパードの人生における特別な使命は、宇宙人と交信すること。ジョンは、30年の歳月をかけて、ミシガン州の田舎にある祖父母の家を、はるか宇宙に向けて音楽を配信できる、とてつもない研究所へと改造しました。「エイリアンとの交信を追い求めて」では、なぜ人はつながりを求めるのかという、より大きなトピックへの導入として、地球外知的生命体探査 (SETI) プロジェクトに挑むある男の成功と挫折を描きます。2020年サンダンス映画祭ノンフィクション部門、短編映画審査員賞受賞作。

写真はこちら (ダウンロードのみ。外部リンクは貼らないでください)。

Netflixでは、アカデミー賞受賞の短編ドキュメンタリー、「ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-」「ピリオド -羽ばたく女性たち-」や、アカデミー賞候補の「眠りに生きる子供たち」「エンド・ゲーム: 最期のあり方」「ヘロイン×ヒロイン」「最期の祈り」などをご視聴いただけます。この他にも、次のようなオリジナル短編ドキュメンタリーを配信しています。 

  • ロングショット

  • ザイオン 

  • シュガーランドの亡霊たち 

  • ラム・ダス -最期を生きる- 

  • ダンブレーンからの手紙

  • ロレーナ: サンダル履きのランナー

  • Resurface: 波に包まれて 

  • バーダーズ ~渡り鳥に魅せられて~ 

  • 僕の家族のすべて 

  • 2つのキッチンの物語 

  • 相撲人 

  • 悲しみを越えて -引き裂かれる移民家族たち- 

  • 物ブツ交換 

  • 多数から一つへ: 私が米国に来た理由

  • アフター・マリア: 見捨てられた家族 

  • 3分間の再会 

  • レディーファースト: ディーピカ・クマリの挑戦 

短編ドキュメンタリーコレクションの作品一覧は、www.netflix.com/docshortsからご覧いただけます。  

Netflix (ネットフリックス) について 

Netflixは、190ヵ国以上で1億8300万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。

プレス担当者:

Annie Damron, コミュニケーションチーム

annied@netflix.com