コンテンツに移動

新しく改良されたISPスピードインデックス (1)

新しく改良されたISPスピードインデックス (1)

Netflixでは、好きな時に、好きな場所から、好きな端末でエンターテインメントを楽しむことができるようメンバーにサービスをご提供しています。お客様は、中断のないシームレスな接続をNetflixに望んでおられます。

190ヵ国以上のメンバーにNetflixのストリーミング接続をお楽しみいただくには、コード化形式にビデオを変換、つまりエンコードする必要があります。Netflixでは、今までの品質以上を保ちながらファイルサイズ (ビットレート) を軽減したコンテンツを配信できる新しいエンコード形式をこのたび構築しました。この改良版エンコードによって、メンバーがさらに品質の高いビデオと音声を今までの帯域幅以下で視聴できるだけでなく、インターネットサービスプロバイダ (ISP) にとっては必要通信量の削減が見込めるという大きなメリットが生まれます。

この改良版エンコードをNetflixで大々的に展開していくにあたり、ISPスピードインデックスのレポートも新しいパフォーマンス測定で更新しました。これにより、横長表示画面のエンコード化とストリーミング方式の変更の両方に対処しています。ISPスピードインデックスは、ゴールデンタイムにおけるNetflixのパフォーマンスをISPごとに測定したものです。以前は、同じ速度 (Mbps) のISPでも視聴端末によって視聴品質が変わってしまうことがあったのですが、新しいパフォーマンス測定では、いずれの端末やエンコード方式でも、いずれのメンバープランでも違いは出ません。“ISP速度を比較するには、(データ通信量を除く) すべての条件を揃えるべき”という考えに基づき、比較を行っています。

ただし、Netflixを高品質環境で配信しているISPはそのまま上位としたうえで、お客様の使用端末の組み合わせなどISPの制御できない要因が速度や順位に影響することのないようにしております。

ISPの速度評価を更新するとともに、この機会にさらに役立ち、使いやすくなるようNetflixのISPランキングも更新いたしました。0.2 Mbps未満ではお客様は品質に違いをさほど感じられないと見て、以前は0.01 Mbpsでしたが、0.2 Mbps未満のISP速度の端数は四捨五入しました。また、ISPパフォーマンスのランキングの同じパフォーマンス層に複数のISPを初めて含めています。たとえば、米国の最新レポートでは最上位パフォーマンス層に7社のISPをすべて含めています。最新レポートでは、次の7諸国も最上位パフォーマンス層に含めて表記しています。タイ、スイス、シンガポール、オランダ、香港、ベルギー、オーストラリアはすべて、全体的な速度から平均3.8 Mbpsを登録しています。

以上の変更内容すべてを実感できるよう、ISPスピードインデックスサイトの雰囲気と外観を一新いたしました。

Netflixの数百万人にも上るメンバーの皆様が、愛する作品を最高の環境でお楽しみいただけるよう、ISPスピードインデックスをこれからもお役立てください。