コンテンツに移動

Netflix ISPスピードインデックス、2021年3月

Netflix ISPスピードインデックス、2021年3月

Netflix ISPスピードインデックスは、各インターネットサービスプロバイダ (ISP) においてゴールデンタイムにどれだけ快適にNetflixを視聴できるかを示す指標で、毎月更新されます。3月は10社のISPで向上が見られました。

台湾では4社のサービスプロバイダで向上が見られました。KBroとTFNは0.4 Mbps (メガビット毎秒) 増加してそれぞれ2.8 Mbps、2.6 Mbpsに、HiNetとTaiwan Broadbandは0.2 Mbps増加してともに3.2 Mbpsとなりました。

中南米では、パナマのCable & Wireless Master、アルゼンチンのTelecom、ベネズエラのAirtek Fiberが0.2 Mbps増加してそれぞれ3.4 Mbps、3 Mbps、2.4 Mbpsとなりました。

北米では、カナダのDistributelとジャマイカのFlowCableが0.2 Mbps増加してそれぞれ3.2 Mbps、2.8 Mbpsとなりました。

オーストリアのA1は4ヵ月連続の向上となり、0.2 Mbps増加して3 Mbpsに達しました。

ジャマイカおよび台湾では、上述のサービス改善により、国/地域の平均がそれぞれ0.2 Mbps向上しました。

一方、3月は2社のサービスで数値の低下が見られました。インドのD-VoiSとクウェートのZainは0.4 Mbps下げ、ともに2.8 Mbpsに低下しました。

今月は27の国と地域が最上位パフォーマンス層に入りました。Netflix全体のエンコーディング効率の改善により、最上位パフォーマンス層に位置付けられるために必要な平均速度は、3.6 Mbpsから3.4 Mbpsに変わりました。

Netflix ISPスピードインデックスは、ゴールデンタイムにおけるNetflixのパフォーマンスをISPごとに評価したもので、そのISPのネットワークを経由して配信されるNetflix以外のサービスやデータに関する全体的なパフォーマンスを示すものではありません。この数値が高いほど、多くの場合、画質が良くなる、作品がすばやく再生される、再生が途中で止まりにくくなるなど、より快適にNetflixをご視聴いただけます。接続速度を確認するには、お使いのインターネットブラウザでhttps://FAST.comにアクセスするか、FAST Speed TestアプリをiOSまたはAndroidでダウンロードしてください。