コンテンツに移動

Netflixシリーズ「金魚妻」ティーザー予告&ティーザーキーアート&第二弾キャスト解禁

Netflixシリーズ「金魚妻」ティーザー予告&ティーザーキーアート&第二弾キャスト解禁

その愛は裏切りか、運命か Netflixシリーズ「金魚妻」 ティーザー予告・ティーザーキーアート・第二弾キャスト解禁

妻たちは、なぜ一線を超えたのかー。 様々な事情と想いを抱える女性たちの禁断の不倫愛を題材に、グランドジャンプめちゃ(集英社)で連載中、累計280万部を超える黒澤Rによる大ヒット同名漫画を原作にしたNetflixオリジナルシリーズ「金魚妻」。 この度、本作の第二弾キャストとティーザー予告、ティーザーアートが解禁となりました。

平賀さくら(篠原涼子)はある事故をきっかけに美容師としての夢を諦め、結婚。多数のサロンを手がける夫と、誰もが羨む華やかな人生を歩んでいるかと思われていたが、実は夫の浮気、DV、そしてモラハラに苦しむ日々を送っていた。それでもサロンの共同経営者としての仕事を自分の居場所と信じ、夫から離れることが出来ないさくらは、偶然立ち寄った金魚屋で運命的な出会いを果たす。金魚鉢の中で泳ぐ“金魚”に自分を重ねるさくらと、彼女をどこか懐かしそうに見つめる春斗。やがて、夫の暴力が限界となって家から逃げ出したさくらは、春斗と一線を超えてしまう。それは刹那的な逃避なのか、それとも運命の恋なのかー。

傷ついたさくらを優しく受け入れる春斗を岩田剛典、愛していたはずの妻をいつしか支配するようになった夫・卓弥を安藤政信、そしてさくらと同じマンションに住むゆり葉を長谷川京子が演じる。

さくらを象徴する「金魚妻」以外にも、様々な「妻」が登場する本作のティーザー予告では、「不倫」という言葉に登場人物たちが色々な反応を示す。嫌悪や驚く表情を見せる彼女たちの中で、「不倫なんて考えられない」と笑顔で即座に否定するさくら。そして、そんな彼女に不敵な笑みを浮かべるゆり葉。彼女たちの見せる顔の裏側にある秘密にも注目だ。また、予告内でも印象的な水槽越しに目が合うさくらと春斗のカットがティーザーアートにも使用され、二人の切ない想いが伝わるビジュアルとなっている。

禁断の愛を描いた大人のラブストーリー、Netflixオリジナルシリーズ「金魚妻」は2022年、Netflixにて全世界配信です。