コンテンツに移動

Netflix、オリジナルシリーズ「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」の5月14日配信開始を確定

Netflix、オリジナルシリーズ「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」の5月14日配信開始を確定

イ・ジェフン、タン・ジュンサン主演の新作ヒューマンドラマのティーザー画像と予告編を公開

ソウル発、2021年4月14日 - Netflixは、心温まるオリジナルシリーズ「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」を5月14日より配信開始します。本作は、アスペルガー症候群の青年グルと、図らずもグルの後見人になるサングの物語。2人は"遺品整理士"として、故人が最後に所有していた物を整理する作業を通して、そこに残された物語をひも解いていくことに。グルとサングは互いに協力して、亡くなった人々の最後の引っ越しを手伝い、伝えられるべきメッセージを大切な人たちに届けます。

この物語は、韓国初の遺品整理士のひとりでもあるキム・セビョルによるノンフィクションエッセイ「Things Left Behind (仮英題)」から着想を得ています。監督のキム・ソンホと脚本家のユン・ジリョンがタッグを組んで、亡くなった人々が残したさまざまな物語を、アスペルガー症候群を抱えるグルの正直で偏見のない視点で描きます。 

注目のキャストには、役に対する誠実さと情熱で定評のある俳優陣がそろい、イ・ジェフン、タン・ジュンサン、ホン・スンヒのほか、チ・ジニ、イ・ジェウクも特別出演します。

ティーザー予告編は、グルとサングが故人の部屋を訪れるシーンから始まります。「私はハン・グル、遺品整理士です。あなたの最後の引っ越しを始めます」という作業開始の言葉を合図に、2人は故人が大事にしていた持ち物を一つひとつ手に取っていきます。もうこの世には存在しない住人の空間は、その人が生きていた痕跡を消していくようにやがて時間をかけて空になり、ムーブ・トゥ・ヘブンの社名が記された黄色い箱が丁寧に満たされます。そしてグルとサングは、亡くなった人々が残した最後の物語を、思いやりと共感のこもった別れの言葉を添えて届けにいくことに...。

心を揺さぶり、温めてくれる物語「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、今春、5月14日よりNetflixで独占配信開始されます。

キーアート

予告編/ティーザー画像