コンテンツに移動

Netflix、「Copycat Killer (英題)」映像化に向け豪華キャストを集結

Netflix、「Copycat Killer (英題)」映像化に向け豪華キャストを集結

Netflixで独占配信される中国語の最新シリーズ「Copycat Killer (英題)」に向けて、トップクラスのクリエイティブな才能が結集。人気小説「模倣犯」の舞台を台湾に移して映像化します。

著名なミステリー作家、宮部みゆきの犯罪小説「模倣犯」は、日本で150万部、台湾で10万部を超える売り上げを記録したベストセラーです。

自分が犯した殺人をめぐってマスコミの関心をあおり、被害者、警察、マスコミを翻弄していく冷酷な連続殺人犯を描いた「Copycat Killer (英題)」。事件の行方に国中が注目するようになっていきます。

「Copycat Killer (英題)」の製作はGreener Grass Productionが担当。同社が手がけた「次の被害者」は、中国語作品としてNetflix初のシーズン更新が決定するヒット作となりました。プロデューサーはハンク・ツェン、監督はチャン・ロンジーとチャン・ハンルーといった実力派が顔をそろえます。 

設定を東京から台北に移したことについて、ツェンは次のように述べています。「90年代後半の台湾は、社会的価値の崩壊によって真実と嘘がごちゃ混ぜになり、マスメディアが活発になった時代でした。本シリーズを通して、かけがえのない正義というシンプルな理念を伝えることができればと願っています」

「Copycat Killer (英題)」は、メインストリームのTVで取り上げられることの少ない、心をつかむ物語を語るというNetflixの狙いを、台湾のクリエイターとのコラボレーションを通して実現しようとする試みの1つです。

「Greener Grass Productionとの2回目のコラボレーションは、パートナーや地域の市場に注力していくというNetflixの姿勢を明確に示しています」と、Netflixのコンテンツ部門責任者ジェリー・チャンは述べています。「我々は国内外の視聴者のために最高品質の中国語コンテンツを製作できるよう、最高のクリエイターと最高のチームを結集しました」

豪華キャスト

ウー・カンレン (「華燈初上 -夜を生きる女たち-」「悪との距離」) が、連続殺人犯からの度重なる挑発に翻弄されながらも、犯人の起訴に執念を燃やすグォ・シャオチ検事を演じます。グォはウーのために作られた役であり、彼の目を通して物語が語られます。

アリス・クー (「Mom, Don’t Do That! (英題)」「結婚なんてお断り!?」) が、犯罪心理学を専門とするカウンセリング心理学者で、殺人犯のプロファイリングを手伝うフー・ユンフィを演じます。クーは役作りのため、撮影前にプロの心理学者に助言を求めました。

トゥオ・ツォンホァ (「罪夢者」) が、連続殺人事件を解決するためにグォと協力するインターポール捜査官リン・シャニョンを演じます。

ジャック・ヤオ (「The Mirror (英題)」) が、ニュースを嗅ぎつけ、自身のTV局でしばしばスクープを報じる深夜番組の司会者チェン・ヘピンを演じます。

フェンディ・ファン (「悲しみより、もっと悲しい物語 The Series」「We are Champions (英題)」) が、癒やされない心の傷を明るい性格で隠す、人気クラブのDJシェン・ジアウェンを演じます。

キャミー・チャン (「華燈初上 -夜を生きる女たち-」「Dancing to Silence (英題)」) が、報道の真実を追求する中でグォと関わることになる、レポーターのルー・イェジャンを演じます。お互いの目的が同じであることを知ったルーは、事件に挑むグォの最も頼れる味方になります。

シア・トンハン (「恐怖の劇場」) が、心理学者フー・ユンフィの弟で中学時代からのシェンの親友フー・ジャンヒを演じます。2人は一連の出来事を通して事件の渦中に巻き込まれていきます。

ルビー・リンが人気ニュース番組のメインキャスター、ヤオ・ヤチ役でゲスト出演します。成功を収めた「華燈初上 -夜を生きる女たち-」に続き、本作はリンのNetflix出演2作目となります。

「Copycat Killer (英題)」は今年後半に配信開始されます。