コンテンツに移動

Netflixが幼児向けの新シリーズ「ジュリーのグリーンルーム」の全世界配信開始を発表。伝説的な名女優ジュリー・アンドリュースが主演・共同制作、ジム・ヘンソン・カンパニーが製作する、舞台芸術の魅力を紹介するシリーズ。

Netflixが幼児向けの新シリーズ「ジュリーのグリーンルーム」の全世界配信開始を発表。伝説的な名女優ジュリー・アンドリュースが主演・共同制作、ジム・ヘンソン・カンパニーが製作する、舞台芸術の魅力を紹介するシリーズ。

カリフォルニア州ビバリーヒルズ発、2016年6月2日 – 世界最大級のインターネット映像配信サービスNetflixは、ジム・ヘンソン・カンパニー製作による幼児向けの新シリーズ「ジュリーのグリーンルーム」に受賞多数の大女優ジュリー・アンドリュースが主演すると発表しました。まったく新しいパペットキャラクターの子供たちが舞台芸術について学ぶ同シリーズは、2017年始めから独占的に全世界のNetflixメンバーに同時配信されます。

シリーズを娘のエマ・ウォルトン・ハミルトンとジュディ・ロスマン・ロフェとともに共同制作したジュリー・アンドリュースは、エグゼクティブプロデューサーも担当します。また、ウェルスプリング・センター芸能学園の理事長“ジュリー先生”として主演し、劇場やセンターの“グリーンルーム”で舞台芸術のワークショップを指導します。

ジュリー先生と熱心なアシスタントのガス (ジュリアン・ジョイエロ) から舞台芸術について学ぶ新世代の子供たちは、有名なジム・ヘンソン工房による“グリーニース”と呼ばれるパペットキャラクターです。グリーニースは舞台芸術と創造力がもたらす可能性に夢中になります。シーズンが進むにつれ、ジュリー先生の指導と訪れるゲストのアーティストから受けた刺激によって、子供たちはマイム、音楽、ダンス、即興、サーカス芸術、ボイスなど、あらゆる舞台芸術をミックスした、まったくオリジナルなショーを作り上げていきます。

ほとんどのエピソードには紹介されるオリジナルソングが1曲含まれ、また各エピソードには子供たちを特定の分野の舞台芸術に親しませるゲスト出演者が登場します。すでに決定している錚々たる顔ぶれのゲスト出演者は、アレック・ボールドウィン、サラ・バレリス、ジョシュア・ベル、タイタス・バージェス、キャロル・バーネット、クリス・コルファー、ロバート・フェアチャイルド、ジョシュ・グローバン、デヴィッド・ハイド・ピアース、ビル・アーウィン、エリー・ケンパー、イディナ・メンゼル、タイラー・ペック、ストンプほか。

ジュリー・アンドリュースはシリーズについて次のように話しています。「このプロジェクトによって、舞台芸術のすばらしさを子供たちに教えたいという長年の夢を叶えることができました。娘であり長年の共同執筆者のエマと、共同制作者のジュディ・ロスマン・ロフェとともに、このシリーズを世に出すことができてとても幸せに思っています。屈指のジム・ヘンソン・カンパニーの協力を得られて本当に光栄です。Netflix製作オリジナル作品として配信開始することも、たいへんうれしく思っています」。

Netflixグローバルキッズコンテンツ担当ディレクターのアンディ・イェートマンは次のように語っています。「このプロジェクトでジュリーと一緒に仕事ができて、すごく感激しています。このシリーズの目的は、新世代のパペットを視聴者に紹介するとともに、子供たちに舞台芸術への興味を持ってもらうことです」。

ジム・ヘンソン・カンパニーのCEOリサ・ヘンソンはこう話しています。「ジュリーのシリーズをNetflixで配信するための最高のメンバーが揃いました。比類のないジュリー・アンドリュースを筆頭に、エミー賞受賞監督、トニー賞にノミネートされたパペティア、ブロードウェイの作曲家、熟練のゲストアーティストといった面々が、子供たちを舞台芸術のあらゆる形を探り、理解し、楽しむことに目覚めさせるでしょう」。

今年5月にニューヨーク州ロングアイランドで「ジュリーのグリーンルーム」の撮影がクランクインしました。各エピソード30分の長さの全13話からなるシリーズは、2017年始めにNetflixで全世界に配信開始する予定です。ジム・ヘンソン・カンパニーが製作し、ジュリー・アンドリュース、エマ・ウォルトン・ハミルトン、スティーヴ・サウアー、およびジム・ヘンソン・カンパニーのリサ・ヘンソンとハリー・スタンフォードが、エグゼクティブプロデューサーを務める、Netflixオリジナル作品です。エミー賞受賞俳優・脚本家のジョーイ・マザリーノが共同プロデューサー兼監督、トム・ケニストンがプロデューサー、そしてエミー賞受賞のビル・シャーマンが作曲家として参加。

Netflixについて

世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で8100万人のメンバーにご利用いただいています。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができます。

ジム・ヘンソン・カンパニーについて

ファミリーエンターテインメントのリーダーとして60年の実績を持ち、操り人形の制作、アニマトロニックス、デジタルアニメーションの革新において世界中に認められています。世界的に有名なマペット人形の創作者として最もよく知られており、エミー賞50回以上、グラミー賞9回と受賞経験も多数。最近の作品は、エミー賞にノミネートされた「Sid the Science Kid (原題)」、「Dinosaur Train (原題)」、「Pajanimals (原題)」や、CGアニメーションの幼児向けシリーズ「Doozers (原題)」、今年放送予定のデジタル・シチズンを題材にした子供向けシリーズ「Dot. (原題)」、幼児向けのNetflixシリーズ「Word Party (原題)」など。劇場映画作品は、ディズニーの「アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日」、「ダーククリスタル」、「ラビリンス / 魔王の迷宮」、「ミラーマスク」などがあり、TV作品では、「フラグルロック」、カルト的な人気を誇るSFシリーズ「FARSCAPE ファースケープ 宇宙からの帰還」、Henson Alternativeのナンバー、「No, You Shut Up! (原題)」、TV映画「Jim Henson’s Turkey Hollow (原題)」などを製作しています。

ロサンゼルスにある本社は、歴史のあるチャーリー・チャップリン・スタジオにあり、撮影スタジオとポストプロダクション施設を完備。そのほか、ニューヨークとロンドンにも拠点を構えています。また、世界展開で映画やTV、テーマパーク、広告のプロジェクトを手掛ける、トップレベルのキャラクター創作および特撮グループであるジム・ヘンソン工房と、

世界レベルの最先端およびビンテージ両方の機材を備えていることで知られている、音楽業界屈指の録音施設の1つであるヘンソン・レコーディング・スタジオを傘下に抱えています。現在、Henson Alternativeブランドのパペット即興ライブショー「Puppet-Up! – Uncensored (原題)」がツアー中です。

お問い合せ先

ケイティー・アーバン

Netflix広報部

kurban@netflix.com