コンテンツに移動

Netflix、Valveの人気ビデオゲームに基づくアニメシリーズ「DOTA: ドラゴンの血」を発表

Netflix、Valveの人気ビデオゲームに基づくアニメシリーズ「DOTA: ドラゴンの血」を発表

Netflixが、**Valveの人気ビデオゲームを基にした**アニメシリーズ「DOTA: ドラゴンの血」を発表。8話構成の本シリーズは、3月25日から世界配信されます。

記事掲載の際には、netflix.com/dotadragonsbloodへのリンク記載をお願いいたします

Netflixは本日、Valveの人気ビデオゲーム「Dota 2」を基にした新アニメシリーズ「DOTA: ドラゴンの血」のリリースを発表しました。8話構成の新シリーズは、3月25日から世界同時配信されます。本作は、この世の災いを一掃するために戦う高名なドラゴンナイト、ダヴィオンを描くファンタジーシリーズです。圧倒的なパワーを持つ伝説のエルドウォームや、自らの使命を胸に秘めた高潔な王女ミラナとの遭遇を経て、ダヴィオンは想像を超えたとてつもない危機に巻き込まれていきます。ショーランナー、製作総指揮のアシュリー・エドワード・ミラーは「ファンの皆さんは私たちが映像化した「Dota 2」の世界観、主要キャラクターを描いた壮大で感動的な大人向けのストーリーにきっと夢中になるでしょう」と語っています。「映画的なアニメーションも演技も音楽も、とにかくこれまでのレベルを超えています。私たちのクリエイティブな挑戦に対するValveのサポートに深く感謝しています」。本作はValveの世界的大ヒットゲームシリーズ「Dota 2」を基にしています。アシュリー・エドワード・ミラー (「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「マイティ・ソー」「Black Sails/ブラック・セイルズ」) がショーランナーと製作総指揮を担当。実績あるスタジオミール (「The Legend of Korra (原題)」、Netflix「ヴォルトロン」) がアニメーションを手がけ、同社のリュ・ギヒョンが共同製作総指揮を務めます。 

詳細はNetflixメディアセンター (media.netflix.com) をご覧ください。

Valveについて: 1996年設立のValve Corporationは、ワシントン州ベルビューに本社を構える世界的なゲーム開発会社です。同社には「ハーフライフ」「Portal」「カウンターストライク グローバルオフェンシブ」「Dota 2」など多くの代表作があります。

「Dota 2」について: オンラインゲームとして世界トップクラスの人気を誇る「Dota 2」は、何百万人もが日常的にプレイし、eスポーツトーナメント最高賞金額の記録を何度も達成しています。Valveが2011年から毎年1回開催している「Dota 2」世界選手権では、これまで優勝チームに総額約158億円超が授与されています。

スタジオミールについて: スタジオミールは、最初から最後まで一貫した製作を得意とする韓国のアニメーションスタジオです。2010年の設立後、2Dアニメーションの描写力とCGI技術を駆使した強力な製作力で北米市場に進出しました。代表作には「The Legend of Korra (原題)」「ヴォルトロン」などがあり、最近発表された「ウィッチャー 狼の悪夢」では、従来のプラットフォームの枠を超え、世界に向けた動画配信サービスによってその市場を拡大しています。

Netflixについて: Netflixは、190ヵ国以上で1億9500万人を超える有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。