コンテンツに移動

リー・バーデュゴのベストセラー小説「太陽の召喚者 魔法師グリーシャの騎士団1」と「Six of Crows (原題)」がNetflixでシリーズ化

リー・バーデュゴのベストセラー小説「太陽の召喚者 魔法師グリーシャの騎士団1」と「Six of Crows (原題)」がNetflixでシリーズ化
  • ニューヨーク・タイムズ紙、USAトゥデイ紙でベストセラーに選ばれたリー・バーデュゴの小説「グリーシャ」シリーズがついに、Netflixオリジナル作品として世界で初めて映像化されます。
  • 脚色とショーランナーはエリック・ハイセラー (「バード・ボックス」「メッセージ」)。「グリーシャ」シリーズの小説「太陽の召喚者」と「Six of Crows (原題)」のストーリーとキャラクターを1つに結集し、「Shadow and Bone (原題)」としてシリーズ化します。ハイセラーと、彼がアカデミー賞にノミネートされた映画「メッセージ」を製作した21ラップス・エンターテインメント (「ストレンジャー・シングス 未知の世界」) が本作で再タッグ。プーヤ・シャーバジアン (「ダイバージェント」シリーズ) も製作総指揮を手がけます。
  • バーデュゴの小説「グリーシャ」シリーズは、英語圏だけで250万部超を売り上げ、世界38ヵ国語に翻訳されています。シリーズ最新作「King of Scars (原題)」は今月下旬にリリースされます。
  • ログライン: 遙か昔から深い闇によって2つに断絶され、人間を餌食にする怪物が住む世界で、ついに若き女戦士が国に調和をもたらす魔力を見出します。しかし、その力をうまく操ることができずにいる彼女に、悪の魔の手が忍び寄ります。暴漢、盗人、殺し屋、そして聖者たちが戦いを繰り広げる今、生き残るためには魔力以上のものが必要なのです。
  • エピソード: 全8話
  • 「Shadow and Bone (原題)」はNetflixの製作です。
  • クリエイター、脚本、ショーランナー、製作総指揮: エリック・ハイセラー
  • 原作、製作総指揮: リー・バーデュゴ
  • 製作総指揮: プーヤ・シャーバジアン (New Leaf Literary & Media)、21ラップス・エンターテインメントのショーン・レヴィ、ダン・レヴィン、ダン・コーエンとジョシュ・バリー
  • 告知写真 (ダウンロードのみ、リンクは貼らないでください)