コンテンツに移動

Netflix、韓国へさらに進出: 新年に2つの新プロダクション施設を追加

Netflix、韓国へさらに進出: 新年に2つの新プロダクション施設を追加

韓国発のオリジナルドラマや映画には、世界中のNetflixメンバーから需要が高まっています。Netflixはその需要に応えるべく、韓国ソウル近郊に位置する京畿道の坡州市と漣川郡に2つのプロダクション施設を設立します。

Netflixがリース契約するYCDSMC - Studio 139は、広さにして約9,000平方メートルの総面積を持ち、6つのスタジオとサポートスペースを備えています。また同じくSamsung Studioには、総面積約7,000平方メートルの3つのスタジオがあります。 

2015年から2020年にかけて、Netflixの韓国コンテンツへの投資額は7億ドルにも上り、80作品以上が韓国で製作され、世界中のオーディエンスに愛されてきました。この2つの専用施設は、韓国のクリエイティブエコシステムに対するNetflixの投資拡大を示す事例のひとつといえます。新しい施設では、韓国版「ペーパー・ハウス」を含む、今後配信予定の韓国発のNetflixオリジナルシリーズと映画の制作チームをサポートしていきます。

Netflixスタジオ運営部門バイスプレジデントのエイミー・ラインハルトは、「Netflixが韓国発の映画やドラマにとどまらず、韓国自体への投資を拡大できることをうれしく思います。新しいスタジオにより、韓国発の素晴らしい作品をより多く製作できる環境がこれまで以上に整うだけでなく、韓国のクリエイティブコミュニティの才能あふれるプロフェッショナルに、製作に関連する仕事を数多く提供することにもつながります」と述べています。

優れた物語はどこからでも生まれ、あらゆる土地で愛されるものです。米国、カナダ、フランス、ドイツ、カタール、UAE、インドなどの多くの国のメンバーが、最近配信が開始された韓国発のNetflixオリジナルシリーズ「Sweet Home -俺と世界の絶望-」に夢中になり、「キングダム」シーズン2、「ザ・キング: 永遠の君主」「スタートアップ: 夢の扉」「サイコだけど大丈夫」といった同国のドラマは、香港、タイ、インド、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、日本などの国と地域で、最も人気のあるTVシリーズに名を連ねています。  

現在撮影・製作中の韓国作品には「Move To Heaven (英題)」「キングダム: アシンの物語」「静かなる海」「イカゲーム」「Hellbound (英題)」「今、私たちの学校は...」「D.P. -脱走兵追跡官-」などがあります。また、CJ ENM/Studio DragonおよびJTBCとのコンテンツに関する複数年のパートナーシップ契約により、韓国有数のエンターテインメント企業が製作する素晴らしい作品を世界に紹介していきます。このような取り組みにより、世界中の1億9,500万人のメンバーに対して、より多様でバラエティに富んだ作品をお届けすることが可能になります。 

Netflixのエキサイティングなニュースを、今後もご期待ください。