コンテンツに移動

「今際の国のアリス」シーズン2 大ヒットスタート!!

「今際の国のアリス」シーズン2 大ヒットスタート!!

「今際の国のアリス」シーズン2 Netflix週間グローバルTOP10(非英語シリーズ)にて、首位獲得! シーズン1・2がTOP1&2を独占し、全世界で合計約8,000万時間視聴! 日本発のNetflix作品として全世界での最高視聴記録を達成し、全世界の視聴者を席巻! 日本の今日のシリーズTOP10でも5日間連続1位獲得!

 世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixは、山﨑賢人、土屋太鳳 W主演、佐藤信介監督で贈るNetflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2を12月22日より全世界独占配信中。  原作「今際の国のアリス」は、2010年から2016年まで「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載された、麻生羽呂(あそう・はろ)原作の大ヒットコミックス(全18巻)。2020年から2021年にかけて、新章となる「今際の国のアリスRETRY」(全2巻)が刊行されている。  2020年12月に配信されるやいなや世界70カ国以上でTOP10入りしたサバイバルドラマ、Netflixシリーズ「今際の国のアリス」の続編となるシーズン2が帰ってきた!生きる意味を見失っていたアリスやウサギたちが、元の世界に戻ることを希望としてまさに命懸けの“げぇむ”に挑む!仲間との絆が深くなるほどに緊張感が高まるストーリー展開。知力・体力・チームワークなど登場人物それぞれの特性が活かされる多種多様な“げぇむ”の数々と手に汗握るアクションと、高度なVFXを駆使した「植物化した東京」の大迫力。世界の度肝を抜いた大人気シリーズが、更にパワーアップ!  元の世界に帰るために“今際の国”の謎を追いかけるアリス(山﨑賢人)とウサギ(土屋太鳳)。二人は謎を解き明かす鍵と思われる場所で仲間と敵、そして“げぇむ”を操る黒幕と出会う。“げぇむ”に勝利する度に手に入るトランプの数字のカードをすべて集めたアリスたち。残るはジャック、クイーン、キングの絵札のカードのみ。前作を上回る難易度とスケールの“げぇむ”に挑むアリスたち。果たしてすべてのカードが揃った時、彼らは元の世界に戻ることができるのか…!?

 まさに全世界が待ち望んでいた新シリーズが12月22日(木)の配信がスタートすると、瞬く間にシーズン2の週間視聴時間が日本発のNetflix作品の最高記録を樹立シーズン1、シーズン2を合計した週間視聴時間が約8,000万時間再生を達成し、昨今の話題作の週間再生時間を突破する人気の高さを証明した。シーズン2は90カ国でTOP10入りし、配信直後から世界中で楽しまれている。

  • Netflix週間グローバルTOP10(非英語シリーズ)にて首位獲得!シーズン1とシーズン2がTOP1 &2を独占!

  • 日本、米国、カナダ、フランス、ブラジル、香港、台湾などを含む90カ国でTOP10入りし、うち9カ国で首位獲得!

  • 週間聴時間(集計期間12/19〜12/25)がシーズン1、シーズン2で合計約8,000万時間再生を達成!

  • 日本の今日のシリーズTOP10でも5日連続1位を獲得!

シーズン2は、日本発のNetflix作品として全世界で最も視聴された作品となり、最大のヒットを記録しました!!! 世界を熱狂させる大ヒットサバイバルドラマ、Netflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2はNetflixにて全世界独占配信中!


Netflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2 原作:麻生羽呂「今際の国のアリス」(小学館「少年サンデーコミックス」刊) 監督:佐藤信介 出演:山﨑賢人 土屋太鳳 村上虹郎、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、恒松祐里、渡辺佑太朗、森永悠希、町田啓太、磯村勇斗、井之脇海、毎熊克哉、さとうほなみ、山本千尋、金子ノブアキ、阿部力 青柳翔、仲里依紗、山下智久 脚本:倉光泰子 佐藤信介 撮影監督:河津太郎 音楽:やまだ豊 美術監督:斎藤岩男、大西英文 VFXスーパーバイザー:神谷誠、土井淳 アクション監督:下村勇二 エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflix コンテンツ部門 バイス・プレジデント) プロデューサー:森井輝 制作協力:​​株式会社Plus One Entertainment 企画・制作:ROBOT © 麻生羽呂・小学館/ROBOT Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/今際の国のアリス Netflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン1〜2:独占配信中


「今際の国のアリス」原作紹介 やりきれない日常を脱したいと願っていた有栖良平(ありす・りょうへい)が友人のカルベ、チョータとふらつくある日、見慣れた街は気がつけば無人と化していた。探索する中で強制参加させられたのは、一歩誤れば命が奪われる理不尽な“げぇむ”。アリスはすべての“げぇむ”を“くりあ”し、生還することができるのか!? ロングセラーにして電子版も大ヒットしたサバイバル・サスペンスの傑作。小学館「少年サンデーコミックス」全18巻および、続編となる新章『今際の国のアリスRETRY』全2巻が刊行中。