コンテンツに移動

アートとテクノロジーを融合させた4Kによる画期的な短編アニメ「Sol Levante」誕生

アートとテクノロジーを融合させた4Kによる画期的な短編アニメ「Sol Levante」誕生

宮川 遙、カイリー・ペーニャ |クリエイティブテクノロジー&インフラストラクチャーチーム

 

4月2日、Netflixは4K規格のオリジナル短編アニメ「Sol Levante」を配信開始します。

実験的な4KかつHDR画質を採用し、臨場感あふれる音響を融合させた「Sol Levante」は、アニメ制作に熱心に携わるNetflix内外のさまざまな人々が、2年を費やして完成させたプロジェクトです。その配信開始を祝って、この画期的な作品がアイデア段階から完成に至るまで、どのような道のりをたどったのかを振り返ってみたいと思います。 

芸術としてのアニメの未来を押し広げる技術の採用

Netflixは常にアニメに情熱を注いできました。また、トップアーティストが最新の革新的な手段でストーリーを語れるよう、最高の技術を提供しようと尽力しています。

いま、ハイダイナミックレンジ (HDR) 対応TVやスマートフォンが視聴者の間でますます普及しています。このため、私たちは4K画質アニメの制作方法を模索してきました。世界中の視聴者にさらに迫力ある視聴体験を届けるには、より豊富なカラーパレットをアーティストに提供する必要があります。

しかし、アニメの解像度を上げるためには、手描きでB5サイズよりもはるかに大きな用紙を使用するか、非常に高解像度のカメラで小さなサイズの紙をスキャンする必要がある、ということがすぐに明らかになりました。どちらも現実的な解決策ではないため、作画はタブレット上でデジタルで行われることになりました。ところが残念ながら、日本のアニメーターのほとんどはデジタルの訓練を受けたこともなければ、必要とされる機材もなかなか手元にない状況でした。 

(左から: 江田 勝志、田中 美穂、齋藤 瑛、江面 久、森中 昌和)

幸運にも、私たちはプロダクションアイジーという有能で熱意あるパートナーを見つけることができました。「Ghost in the Shell/攻殻機動隊」や「キル・ビル」のアニメ部分などのプロジェクトで知られる、日本の制作会社です。プロダクションアイジーは齋藤 瑛 (あきら) 監督率いる少人数の非常に才能あふれる制作チームを抱えており、その誰もが4KかつHDRのアニメに息を吹き込もうと意欲的で、一から作業に取り組むことを恐れませんでした。

2年越しの挑戦

「Sol Levante」の制作を続けたこの2年間、私たちはフリーランスを含む膨大な数のアーティストと関わりましたが、それぞれに使用するツールや機材の年代が異なるために、HDRで実現できる高い輝度や色域に対応していくことには大きなハードルがありました。プリプロダクション中に齋藤監督は、シンプルな描線のショットと緻密に描き込まれたショットのバランスに注意を払われていました。アニメーターの江面久氏は、キャラクターを描くうえで輪郭にちょうど良い太さを出すために、筆圧を調節されていました。肌色にほんのわずかな調整をかけるだけでも、キャラクターの見た目全体が簡単に変わることにとても驚きました。 

最大の難関は、映像をパンニングをするために4Kよりもずっと大きな画像をレンダリングすることでした。これはあまりにも厄介だったので、プロジェクト全体が何ヵ月も遅れることにもなりました。しかし、4Kアニメを実現するという決意をエネルギーに、チームは解決の方法を見いだしました。 

「Sol Levante」の映像が技術的にどれほど進化したものかを念頭に、私たちはこの最先端の視覚体験を高めるために、臨場感あふれる音響を採用することに決めました。米国を拠点とする評判の高い音響チームに依頼し、ドルビーアトモスでミキシングを行うサウンドミキサーのウィル・ファイルズとサウンドデザイナーのマット・ヨーカムが加わったことで、齋藤監督の芸術的な構想が実を結びました。ウィルはサウンドミックスにコントラストをもたらし、3Dマイクで録音されたエミリー・ライス作曲のオリジナルオーケストラ楽曲を融合させました。

アニメの技術を愛する人々が集う"ホーム"へ

今回のプロジェクトを踏まえ、 アニメ業界全体が4KやHDRなどの高画質、また臨場感あふれる音響に伴う課題について理解を深められるよう、「Sol Levante」の関連素材を"オープンソース"としました。こうすることで、アニメーターやクリエイターに新技術の理解を促し、機材メーカーと効果的に連携して、今後世界から生まれる素晴らしい作品にこうした技術を導入するために、アニメスタジオと協力することができるようになります。

このプロジェクトを終えた齋藤監督は、「4KやHDRを活用することは、翼やエンジンを手に、新しい時代の夜明けに新しい地平線を見ているようなものです。私たちは自分自身に対して挑戦を続け、未来に向けて革新を図っていきます」と話してくださいました。

芸術と科学は、印刷機から映画、ラジオ、DVDに至るまで、常に密接に結びついてきました。「Sol Levante」は、その名もイタリア語で"東から昇る太陽"。アニメ制作に携わる人々にとって新たな夜明けの始まりをここ日本から、という大いなる期待感を示すものです。彼らが創造的な新しい方法で作品を膨らませることができるようになることを期待しています。 

そして、芸術と科学が個性豊かに結びついたこの短編作品が、視聴者を楽しませてくれることを願っています。 

「Sol Levante」はNetflixで独占配信中。HDR対応デバイスでご覧になることを推奨いたします。


コミュニケーションチーム

nazuma@netflix.com